記事詳細

西野J、勝利の雄叫び 麻也「この勝利を8年待っていた」

 MF長谷部誠「非常にうれしい。早い段階で相手が退場になって、こういうゲームは難しいが、その中で勝ちきったというのはチームにとって大きい」

 DF吉田麻也「(この勝利を)8年待っていた。本当に長かった。次はクリーンシート(無失点)できるようにしたい」

 DF長友佑都「完全アウェーだったが、ここまで来てくれたサポーター、日本でみているサポーターがいるので感謝したい」

 MF乾貴士「前半の自身のできは迷惑をかけた。勝てる試合だと思ったし、点を取りに行く気持ちは常に忘れることはなく、カウンターでやられないようにと思ってやっていた」

 GK川島永嗣「最後、厳しい時間帯が続いたが、本当にみんな身体を張って守ってくれた。(失点は)壁の下を抜けた瞬間かなり厳しいと思った。どうにかできるかと思ったがちょっと厳しかった」

 MF原口元気「独特の雰囲気で心拍数が上がった。最後の10分はきつくて倒れそうだった」

 MF柴崎岳「早い段階で退場者が出てやりやすかった。ポジションを失わないようにプレーした。コミュニケーションが合わず、失点は反省しなければいけない」

 DF酒井宏樹「ここで100%になるようにやってきた。まだ課題は多いので、厳しくやらないといけない」

                   ◇

 ◆サッカー日本代表オフィシャルパートナー、キリン株式会社・磯崎功典代表取締役社長「全選手の闘志に感動しました。チームの力、応援の力、まさに総力戦で挑んだ結果だと思います。厳しい戦いが続きますが、これからもファン・サポーターとともに、サッカー日本代表を全力で応援していきます」