記事詳細

「日本で嫌いなところはない」栃ノ心、日本への愛着語る

 大相撲でジョージア出身初の大関となった栃ノ心が18日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し「日本に来て13年。外国に住んでいるという気がしない。日本で嫌いなところはない」と、第二の故郷への愛着を語った。

 海外メディアからは日本国籍を取得し、引退後に親方として日本相撲協会に残る可能性を問われ「今は元気に相撲をやっている。まだ相撲協会に残るかどうかは考えていないし、日本国籍を持つことも考えていない」と述べた。角界の不祥事についての質問には「良くない。協会にいっぱい人がいて、たまにそういうのがある。しょうがないと思うけど」と話した。

 右手首を痛めており、7月の名古屋場所に向けては基本運動を中心に稽古をしている。「強い体をつくって、優勝争いをしたい」と意気込んだ。