記事詳細

日本のW杯初戦、インコ「敗北」予想に飼育員「今回ばかりは外れて」

 栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」で運勢占いをする雄のインコ「オリビア」が18日、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表初戦となる19日のコロンビア戦を「コロンビア勝利」と占った。

 サッカー場に見立てた人工芝の上に、両チームの国旗と引き分けの旗を設置。オリビアは一度引き分けの旗をくわえたが、立ち止まり迷うそぶりを見せた。コロンビアの国旗をくわえ直して飼育員に差し出すと、周囲に落胆の声が広がった。

 那須どうぶつ王国によると、オリビアは2014年のW杯ブラジル大会から、サッカーの勝敗占いを始めた。的中率は8割近く「神のクチバシ」とも呼ばれているという。

 オリビアを担当する飼育員及川のぞみさん(31)は「今回ばかりは外れてほしい。オリビアも迷っていたので、接戦になるかもしれない」と話した。