記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ボールを置く位置がわからない… 当たりやすいスイングのイメージができていない (1/2ページ)

 【今週の質問】ボールを置く位置がわかりません。アイアンでダフったり、トップをしたりするのはボールの位置が悪いからだと思うのです。基本通りに左足のかかと線上よりやや内側から中央あたりに置いて打っているのですが、あまり打ちやすいとは感じません。ダフりが多いので、もう少し右足の前ぐらいに置いた方がいいのでしょうか。

 ダフりが多いからといって、単純に右足に寄せても直らない。右に寄せれば寄せるほど、ヘッドが急角度に落ちてくることになるので、深く入る。抜けていかないので地面に刺さるようなザックリになりやすい(写真〔1〕)。

 ヘッドは高からず、低からず、適度な入射角度でボールに接近しなければならない。飛行機が着陸するような滑らかな角度で上から入ってくるのがインパクトの適切な軌道である。だからできればあまり右に置かない方が、結果的に安定する。

 ただ、ボールの置く位置については個人差があり、ここでなければいけないということはいえない。右に置いてうまく打つ人もいる。

 ボールを置く位置を決めるときに大事なのは、まずスイングが先にあるという意識である。自分のスイングがあって、その軌道上にボールを置くから当たる、という理屈である。

 これはニワトリと卵のような関係ともいえるのだが、あくまでもスイングが先であるということ。

 クラブヘッドが円軌道を描くように素振りをして、気持ちよく振れるスイングが、その人にとって振りやすいスイング。これを生かして、一番ボールが当たりやすいところに置けばいいのである。当てようとするのではなく、当たってしまうところに置くということである。

zakzakの最新情報を受け取ろう