記事詳細

危険タックル被害者・父も唖然… 日大第三者委員会の噴飯対応「あのタックルはけがを軽くするためのものでは?」 (2/2ページ)

 利害関係とは、利害が互いに影響しあう関係のことを言う。報酬を得ながら「ない」と断言するには、さすがに無理がある。

 憤りを隠せない奧野氏はフェイスブックの後段に「何を守るための第三者委員会なのだろうか。真相を究明する気はまったくない」とぶちまけ、「このままでは日大のアメフト部の再起は遠のいてしまうのではと心配する」と締めくくった。

 第三者委は一体、どのような結論を導きだそうとしているのか。一部活の不祥事を飛び越え、社会の誰もが注目する“事件”であるということを冷静に考えた方がいい。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース