記事詳細

大谷、二刀流暗礁… 靱帯損傷で故障者リスト入り 手術なら長期離脱も (1/3ページ)

 米大リーグ、エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平投手(23)が右肘の内側側副靱帯の損傷で10日間の故障者リスト(DL)に入ったと発表した。7日にロサンゼルスで右肘に自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP注射」と呼ばれる治療を受けていた。最短でも3週間の離脱となり、1年以上かかる手術を検討しなければならない可能性もある。“ベーブ・ルース以来100年ぶり”と期待が大きく膨らんだ投打の二刀流は、開幕わずか2カ月で暗礁に乗り上げることになった。

 大谷は本拠地アナハイムで行われた6日(同7日)のロイヤルズ戦で4回63球を投げただけで降板し、当初、球団は右手中指のまめの影響と公表していた。

 8日に会見したエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は「まめができて降板し、まめの水分を取り除き、さらにアドレナリンが収まったら肘が張ってきたと大谷が言ってきた」と説明。このために右肘の検査を行うことになり、右肘靱帯損傷が判明。7日にスティーブ・ヨーン医師の処方で「PRP注射」を受けた。

 大谷は8日(同9日)からツインズとの3連戦が組まれている敵地ミネアポリスへの遠征には同行せず、3週間はボールを投げずに調整。再検査を行って、今後の方針を決めるという。

関連ニュース