記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】スイングプレーンに悩んでいます… 滑らかな曲線の円起動だけ意識 (1/2ページ)

 【今週の質問】スイングプレーンに悩んでいます。ある人は肩とボールを結んだ平面が正しいスイングプレーンの傾きだと教えてくれました。しかし、別の人はアドレスしたときのシャフトの傾きが正しいスイングプレーンの傾きだといっていました。正反対に、もっと高いトップの方がいいという人もいます。一体どれが正しいのでしょうか。

 スイングプレーンなんて結果に過ぎない、と私は思う。

 いいショットを打つプロがいて、その人はたまたまフラットに振っていた、アップライトに振っていた、という程度の話だ。

 たとえば、その人と同じようなショットを打つにはどうしたらいいかと考えて、そのスイングを写真やビデオで解析するとする。するとスイングの軌道というものがわかって、その軌道ならナイスショットがでるはずだ、という話になる。

 それで、仮にそのスイングプレーンが解析できたとしても、それを再現するにはどうしたらいいのか。同じ軌道で振れるまで自分のスイングを改造するなんて現実的なものとは到底思えない。

 スイングプレーンというのは、ざっくりとしたスイングの全体像をイメージするためのものだと思う。だから、あんまり意味はない。軌道は身長が関係あるという人もいるが、背が高くてもフラットなスイングのプロも多い。

 私はスイングは円軌道だと思うし、ショットを安定させるために、円軌道のイメージを持つことは不可欠であるとも思う。

zakzakの最新情報を受け取ろう