記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】ベッカムとイニエスタ来日と楽天の巨大投資 金額が大きすぎて凡人には理解できません (1/2ページ)

 先週、友人からメールが来た。「ベッカムが来日してるんだって?」。えっ!? サッカーの元イングランド代表、デビット・ベッカムさん(43)のことである。

 調べたら、本当に来ていた。自身のインスタグラムでは、息子・ブルックリンとの日本での休暇の模様を公開。日本食に舌鼓を打ち、築地市場に出没。大いに日本を満喫していたようです。

 2002年日韓共催のワールドカップ(W杯)では、甘いマスクで日本女性をとりこにしたベッカムさん。サッカーを知らない人までも巻き込んだ。ある意味、“W杯大成功”の功労者でした。当時の川柳でこんな句が巷ではやってた。

 『W(ダブル)杯 息子ベッカム 父ジダン』

 髪形ですけど、わかりますか!?

 そんな先週、もうひとり“超大物サッカー選手”が来日した。現役スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)です。完全移籍でJ1神戸に入団。以前からウワサはあったが、バリバリの超スーパースターが日本にやってくるなんてビックリです。

 年俸2500ユーロ(約32億5000万円)で3年契約。もちろんJリーグ史上過去最高。この金額がどれほどすごいかというと…。今季J1リーグ18チームの選手の平均年俸は約2661万円。球団別年俸総額でも最高は神戸の17億2290万円(Jリーグの金額はサッカー・マネー・ネット調べより)。ネッ、わかるでしょ。

関連ニュース