記事詳細

日大アメフト部員が声明文「監督やコーチの指示に盲目的だった」

 日本大アメリカンフットボールの選手が関西学院大の選手を悪質な反則行為で負傷させた問題で、日大アメフット部員が29日、「アメリカンフットボールを愛する全ての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます」とする声明文を発表した。今後は、警察の捜査などに全面的に協力するとしている。

 反則を犯した宮川泰介選手に対し、内田正人前監督らの指示があったかどうかは明らかにしていないが、「大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重い」とした。

 プレーの指揮系統については、「監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってしまいました」「それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました」としている。

 選手と指導陣の意思疎通は十分になされていなかったとし、「私たちのふがいない姿勢が今回の事態を招いてしまった一因」と反省の気持ちを並べている。

 また、「部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には」と、指導陣の刷新する必要性をにおわせ、「他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています」とした。 (産経新聞)