記事詳細

日大・内田前監督の「除名」検討、関東学連が処分決定へ 悪質タックル問題

 日本大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、関東学生連盟は29日、臨時理事会を開いて関係者への処分を協議する。関係者によると、問題を調査した同学連の規律委員会は反則が内田正人前監督と井上奨前コーチの指示によるものと認定し、理事会は両氏に対して処分の中で最も重く永久追放に相当する「除名」を検討する。終了後に柿沢優二理事長らが記者会見する。

 守備を統括する立場だった森琢ヘッドコーチは除名に次いで重い「資格剥奪」、危険なタックルをした宮川泰介選手とチームには出場停止処分が検討されるとみられる。

 6日の定期戦で関西学院大の選手を負傷させた宮川選手は、内田前監督らの指示だったと説明。指導陣はけがをさせろという指示はしていないと否定しており、両者の主張が食い違っていた。

 関学大の選手側は大阪府警に被害届を提出。捜査関係者によると、移送先の警視庁が28日に日大に対して聞き取りを行った。今後も傷害容疑を視野に捜査する方針。日大は第三者委員会で事実を解明するとしている。