記事詳細

巨人、日大との契約解除 野球場での広告自粛

 プロ野球巨人は28日、アメリカンフットボール選手の悪質な反則が問題となっている日本大からスポンサー契約解除の申し入れがあり、受け入れたと発表した。日大は同日、プロ野球の6球場での広告看板を自粛すると発表した。

 巨人は2016年に日大と公式スポンサー契約を結び、本拠地東京ドームでの試合前には平昌冬季五輪フリースタイルスキー男子モーグルの銅メダリスト原大智選手や、大相撲の小結遠藤関ら、日大在学中のアスリートやOBを起用したPR映像を流していた。

 日大は甲子園球場、神宮球場、ナゴヤドーム、横浜スタジアム、楽天生命パーク宮城、ヤフオクドームに掲げていた広告について「ことの重大さに鑑み、自粛いたします」とのコメントを出した。 中日はナゴヤドームの一塁側と三塁側のベンチ前にある防球フェンスの広告看板を撤去し、当面は無地に差し替える。ナゴヤドームは17年から契約を結んでいた。ソフトバンクもヤフオクドームのベンチ前の広告を撤去した。

zakzakの最新情報を受け取ろう