記事詳細

「一兵卒」貴親方 弟子3人は全員2ケタ勝利、次の名古屋場所へ期待膨らむ

 一兵卒からの出直しを誓った貴乃花親方(45)の15日間が終わった。千秋楽は幕内後半の東審判を務め、表彰式後には新弟子による「出世力士手打ち式」、「神送りの儀式」に参加。「土俵の近くから見ると、日々新鮮な気持ちでした」と今場所を振り返った。

 貴乃花部屋の関取は、西前頭10枚目貴景勝が10勝。西十両8枚目の貴源治も10勝。同11枚目の貴ノ岩は11勝と3人とも2ケタ勝利。「稽古ができたので。貴ノ岩はまだまだですけどね。戻りつつある。もう少しですね」と次の名古屋場所(7月8日初日)へ期待を膨らませた。

 場所前に貴乃花一門の名称変更を申し入れていた問題は、「審判だけやっていたので」と一門の他の親方との話し合いが行われず、進展もなかったようだ。