記事詳細

“失敗した”日大広報・米倉久邦氏…古巣・共同通信OB激白「昔から態度デカかった」 

 日本大学の大塚吉兵衛学長が25日に行った記者会見に、内田正人前監督の緊急会見(23日夜)で司会を務め、批判が殺到した広報の米倉久邦氏は登場しなかった。古巣・共同通信の政治部OBが夕刊フジに激白した。

 「記者時代と風貌が変わっていて、すぐに『米倉だ』と気付かなかった。年をとった。ただ記者会見での態度は『アイツらしい』と思った」

 同年代に共同通信に在籍した政治部OBはこう語った。

 米倉氏は、ワシントン特派員や経済部長、論説委員室長などを歴任した。2002年に退職したという。政治部OBは「背が高いスポーツマンで、自信家。米国流の合理主義なのか、昔から態度はデカかった。傲慢に見える態度を嫌う上司もいた。もっと出世しても良かった」と語る。

 その上で「彼の地が出ていた。ずっと上から目線だった。古い新聞記者の悪い部分が出ていた。ただ、報道陣を怒らせたら広報としては失格だ。共同OBとして情けない。共同通信のイメージも悪くなる」。

 「米倉」なら“失敗しない”と思ったが…。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース