記事詳細

日大・大塚学長、宮川選手を「大学として追い込んでしまった」 危険タックル騒動で謝罪

 日本大アメリカンフットボール部の選手が関西学院大の選手を悪質な反則で負傷させた問題で、日大の大塚吉兵衛学長が25日、東京都内で記者会見し、一連の騒動について謝罪した。危険なタックルをした宮川泰介選手について「大学として追い込んでしまった。責任を痛感している」と述べた。

 大塚学長は、日大の全ての運動部で再発防止に取り組む意向を示した。日大の一般学生の影響を懸念し「学業の妨げにならないよう協力をお願いしたい」と、配慮を求めた。

 この問題では、宮川選手が22日に会見し、危険なタックルは内田正人前監督と井上奨前コーチから指示されたと説明した。内田前監督らは23日の会見で意図的な反則指示を否定し、双方の主張が食い違っている。

 関学大は24日に日大から経緯などについての調査結果の再回答書を受け取り、26日に記者会見する。