記事詳細

日大アメフト部・内田正人前監督、都内で緊急会見 反則指示を否定「ルールを守る原則でやっている」 

 日本大アメリカンフットボール部が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大の内田正人前監督と井上奨コーチが23日、東京都内で会見し、内田前監督は「私からの指示ではない」と反則行為の指示を改めて否定した。一方、井上コーチは「(負傷したクオーターバックを)倒してこいと言ったのは事実です」と述べたものの、「けがをさせるという目的の指示ではない」と弁明した。

 この問題をめぐっては、反則行為をした宮川泰介選手が22日の会見で、井上コーチを通じて内田前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目で潰せば(試合に)出してやる」と伝えられ「けがをさせろという意味でとらえた」と明らかにしており、両者の主張が真っ向から対立する格好となった。

 内田前監督は会見の冒頭、負傷した選手、関西学院大アメリカンフットボール部関係者、宮川選手の3者に向けて「誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。「フィールド内で起きたことはすべて私の責任」とした。ただ、反則の指示については明確に否定し、「ルールを守るという原則でやっている」と強調。宮川選手が「(内田前監督から直接)やらなきゃ意味ないよと言われた」と説明していることに対しても、「その言葉は絶対に言っていない」と強く否定した。

 ほかにも宮川選手の説明と食い違う主張があり、実際にどのような指示があったのか、疑惑はますます深まっている。(産経新聞)

zakzakの最新情報を受け取ろう