記事詳細

「反則は監督らの指示」日大選手、会見で謝罪 “殺人タックル”問題

 アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で、関西学院大の選手を負傷させた日本大の宮川泰介選手(20)が22日、東京都内で記者会見し、危険なタックルについて内田正人前監督(19日付で辞任届受理)とコーチの指示に従って行ったと説明した。会見の冒頭では関学大の選手らに対し「深く反省しております」と謝罪した。

 宮川選手は悪質な反則をした理由について「監督、コーチからの指示を自分で判断できなかった弱さ」と釈明。定期戦前日の5日にコーチを通じ、内田前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と伝えられたと説明した。「つぶせ」の指示について「けがをさせろという意味」で捉えたと語った。

 6日の試合で宮川選手は、パスを投じた後で無防備だった関学大クオーターバックに背後から激しくタックルした。内田氏は責任を認めて19日に監督を辞任したが、危険な反則行為を命じたか否かについては言及を避けた。腰などを負傷した関学大の選手側は大阪府警池田署に被害届を提出した。