記事詳細

大谷、母の日に奪三振ショー11K! 6回1失点も勝敗つかず チームはサヨナラ勝ち、交代告げた監督にブーイングも (1/3ページ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)は13日(日本時間14日)、本拠地でのツインズ戦に今季4勝目(1敗)を懸けて先発登板し、6回1/3を3安打1失点で11奪三振を奪う快投をみせた。救援投手が打たれて勝ち負けはつかなかったが、フェルナンド・ロメロ(23)とのルーキー対決は息詰まる投手戦。圧巻の奪三振ショーに本拠地のスタンドは熱狂した。試合は9回に2-1でサヨナラ勝ちした。

 母の日。大谷もチャリティーのピンクの帽子を被ってマウンドへ上がり、3連敗阻止に貢献した。

 初回に味方のまずい守備で迎えたピンチをしのいで波に乗った。

 先頭のドージャーのゴロを三塁手が弾いて記録は内野安打。2番ケプラーの二ゴロを二塁手が弾き、併殺を取り損なって嫌な雰囲気が漂ったが、一発のある3番エスコバルをフルカウントからスライダーで空振り三振、4番ロザリオを二ゴロで打ち取って切り抜けた。

 この日の投球は、カーブ、スライダー、スプリットを駆使して狙いを絞らせない組み立てだった。制球も安定し、その後はツインズ打線から面白いように三振を奪った。

 2回は1死から、6番モリソンの詰まった当たりが二塁内野安打となったが、3つのアウトはすべて三振。スプリットとスライダーが低めに決まった。

 3回も3者三振で、2回途中から5者連続三振。9番ウィルソンから見逃し三振を奪った直球は、98・5マイル(158キロ)。4回は、今季9本塁打を打っている4番ロザリオに真っ向勝負の99マイル(159キロ)の速球で空振り三振を奪った。

関連ニュース