記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】シングルになるための練習法 マットに触れないようにボールを払い打つ (2/2ページ)

 一方、マットにヘッドが当たってクラブヘッドが減速してしまう人は、軌道が上から入りすぎている。右手で上から叩きつける動きが強すぎるので、体の回転を主体にして、ヘッドがもっと横から入るようにしなければいけない。

 また、マットにあてないことを意識するとトップばかりしてしまう人は、インサイド軌道が強く、フォローの振り抜きの軌道が高すぎる。微妙にすくい上げるような動きが入っているのがミスショットの原因だから、フォローでもう少し低くヘッドが出るように軌道の円弧を調節すれば、当たりがよくなってくる。

 実際にコース上では、少しぐらいダフリ気味、トップ気味でも気にせず大胆に打っていく気持ちが大事なのだが、調子を整える意味でもこの練習は役に立つ。ティーアップしてティーを飛ばさないで打つ練習も非常に効果がある。

 インパクトの練習ではあるのだが、あまりインパクトばかりを気にすると、かえってうまく当たらないということもある。あまり細かいことを考えずに振っても、ボールだけを払い打てるようになるまでいろいろ試してもらいたい。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

zakzakの最新情報を受け取ろう