記事詳細

大谷が今季2本目二塁打 3試合ぶり先発出場

 【アナハイム=住井亨介】エンゼルスの大谷翔平(23)は1日、アナハイムでのオリオールズ戦に「5番・指名打者」で、3試合ぶりに先発出場し、0-0の四回1死走者なしの第2打席で、初球の変化球を完璧に捉えて、左翼線に今季2本目の二塁打を放った。

 二回1死走者なしの第1打席は内野陣が極端に右に寄った“オオタニ・シフト”の遊ゴロ。六回1死走者なしでの第3打席は一ゴロ。2点リードの八回先頭で迎えた第4打席では、3番手左腕のブライヤーから右飛で、4打数1安打。打率3割3分3厘。試合はエンゼルスが九回に3-2でサヨナラ勝ちした。

 大谷は4月27日のヤンキース戦の第2打席で一塁に駆け込んだ際、一塁手と交錯して左足首を捻挫して途中交代、2試合を欠場していた。だが、打席では全く影響を感じさせないバッティングを見せた。