記事詳細

大谷が4号先制弾 ヤンキースのエース・セベリーノから

 【アナハイム=住井亨介】エンゼルスの大谷翔平(23)は27日、アナハイムでのヤンキース戦に「5番・指名打者」で先発出場し、二回1死走者なしで迎えた第1打席で右翼へ4号本塁打を放った。大谷の一発は4月6日のアスレチックス戦以来。

 ヤンキース先発は昨季14勝のエース、セベリーノ。最速101マイル(約162キロ)の速球とスライダー、チェンジアップを武器とする。大谷はカウント1-1の3球目、膝元への98マイル(約157キロ)の速球を完璧に捉えた。(産経新聞)