記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】米で試合数短縮案「質か量か」アツい議論が続く (1/2ページ)

 正論か、暴論か。米大リーグで1シーズン162試合制を154試合制に短縮する案が、再び脚光を浴びている。

 「試合数が多すぎる。年俸を削減されるかもしれないが、われわれは金だけのためにプレーしているのか。ファンは4月に雨や雪が降る中で観戦している。本当に楽しいのか。それが疑問だ」

 地元シカゴのラジオ番組で発言したのが、カブスのアンソニー・リゾ内野手だ。今季の大リーグは悪天候のために開幕から3週間で25試合も中止。AP通信によれば、天候を理由に中止となった4月の試合数では史上最多の2007年に並んでおり、更新が確実視されている。

 カ軍は寒波の影響もあり、タイガースの6試合に次ぐ5試合が流れた。ちなみにエンゼルス・大谷翔平投手も、3度目の登板予定だった15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦(カンザスシティー)が寒さのために中止となっている。

 16年12月に結ばれた労使協定では、シーズン162試合を従来の183日間から187日間で行うことになった。このため今季の開幕は、史上最も早い3月29日(日本時間30日)になった。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース