記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】何事も“地道にコツコツ”が成功のコツ 小平智にも地道な努力があった (1/2ページ)

 先週、演歌界の“スーパースター”氷川きよしの歌をライブで聞いた。相変わらずうまい。歌唱力抜群ですね。場所は意外に地味? 東京・板橋区の区民ホール。氷川だけではなく山川豊、田川寿美、水森かおりら演歌勢が勢ぞろいした。

 出演者の顔ぶれにピンときた方もいるのでは? そう、全員同じ「長良プロダクション」所属。題して『夜桜演歌まつり』~都内23区・23年をかけてまわろう~という演歌普及活動なんです。

 今年で19回目。23区制覇まであと4年…。いまのご時世、聞く音楽の多様化によって、演歌には逆風が吹いているといわれるが…。

 「確かに演歌は、なかなか浸透しにくい面もありますが、地道にコツコツと地域を回って歌の心を伝えていければ…」と事務所関係者。通常より廉価な価格を設定、さらに売り上げの一部をその区に還元するチャリティー活動、地域密着型でファンを根付かせた。当日も昼夜2度公演、約2400席は完売だった。

 氷川、水森、山川、田川擁する長良グループの演歌勢は元気がいい。その裏にはこんな地道な活動があったのです。

 地道にコツコツとという努力って大事ですね。

 そういえば…RBCヘリテージ(15日最終日)を制し、米男子ツアーで日本人として5人目の優勝者となった小平智にも、地道な努力があった。パッティング練習である。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース