記事詳細

村田諒太、8回TKO初防衛 “謙虚”に狙う最強ゴロフキンの首 (1/2ページ)

 「僕はまだ“リアルなチャンピオン”ではない」。こんな“不都合な真実”までサラリと口にしてしまうところも、村田諒太(32)=帝拳=の魅力だ。

 15日に横浜アリーナで行われたプロボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチで、同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38)=イタリア=を8回2分56秒TKOで一蹴し初防衛に成功した。

 しかしこの階級では、WBAのスーパー王者で、WBCとIBFの統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(36)=カザフスタン=が断トツの実力者であることは、ボクシングファンなら誰でも知っている。ゴロフキンとの対戦を避けながら防衛を重ねることも可能だが、それは2012年ロンドン五輪金メダリストの矜恃が許さない。

 この日の勝利後、リング上でのインタビューでフジテレビの田中大貴アナウンサーが「年内に“たたかい”相手は?」と“噛む”と、すかさず「たたかい相手は…」とツッコミを入れ、「大貴さん、プライベートなノリになってしまいましたね」と親密さを示して取りなした上で、「戦いたい相手はゴロフキン! 目指してやりたいと思います」とぶち上げた。「今のままだったら勝てる気しないんで、しっかり強くなりたいです」と付け加えたところまで、増長も気取りもない、普段通りの村田だった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース