記事詳細

伊調パワハラ認定、栄氏辞任はトカゲの尻尾切りか 緊急理事会後、谷岡学長は報道陣にナゾの笑み (2/2ページ)

 谷岡副会長は3月15日に至学館大で開いた会見で「(栄氏のような)パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものか私には分からない」と憤慨。伊調についても「そもそも彼女は選手なんですか」「五輪を目指すはずがない人」とまで言い放ったが、この日の臨時理事会でこの件はなぜか不問に。

 理事会後の会見には、衆議院議員の馳浩副会長は出席したが、谷岡副会長はなぜか出席せず。福田会長は「谷岡副会長は(地元の)名古屋に戻らなければいけないので」と釈明した。

 馳副会長は、伊調が練習再開に意欲を見せ、練習場所の確保を要望していると明かし、協会として全面支援する意向を示したが、谷岡副会長の権力が根を張る環境は変わっていない。栄辞任は、単なるトカゲの尻尾切りに終わる可能性もある。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース