記事詳細

伊調パワハラ認定、栄氏辞任はトカゲの尻尾切りか 緊急理事会後、谷岡学長は報道陣にナゾの笑み (1/2ページ)

 女王復帰に光が差し込んでも、女帝が健在では収まるものも収まらない。日本レスリング協会は6日に開いた緊急理事会で、女子で五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨(33)=ALSOK=に対し、栄和人強化本部長(57)のパワーハラスメントがあったと認定した。晴れて練習に取り組めそうな伊調だが、立ちはだかるのは、やはり“あの人”だ。

 理事会後の会見で、同協会の福田富昭会長(76)は「古くからいえば(レスリングの世界で)パワハラは存在していた」と明かし、栄氏の強化本部長辞任を発表した。

 理事会に出席しなかった栄氏の辞表を持ってきたのは、所属する至学館大の学長で協会副会長でもある谷岡郁子氏(63)だった。

 福田会長は「栄氏が辞表を提出しなかった場合は、役職を解任するつもりだった」と話したが、協会執行部である常務理事の役職はそのまま。「内閣府の調査がまだ終わっていない」と協会執行部の責任問題も先送り。「2020年東京五輪にむけて金メダルを目指すべく国民のみなさまの期待に応えたい」と平身低頭で話し、会長職については続投の意思を示した。

 焦点はレスリング協会の女帝として君臨する谷岡副会長だ。理事会終了後、追いすがる報道陣から質問が飛んだが、早歩きのまま終始無言。車に乗り込む際、「パワハラはなかったんじゃないんですか?」との声に、ニヤッと謎の笑みを浮かべてドアを閉め、去っていった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース