記事詳細

崖っぷちの阪神・高山、“一発回答”できるか 金本監督は拙守にゲキ「2試合分くらい取り返してくれないと」

 「2試合分くらい取り返してくれないと。“クリーンヒット”でね」

 3日に50歳の誕生日を迎えた阪神・金本知憲監督が、開幕3戦目に拙守でヤリ玉に挙げた高山俊外野手(24)にハッパをかけた。

 この日、チームは横浜スタジアムでナイター練習。現役時代を振り返った指揮官は「レギュラーを長く張れる人はヘマをしないし簡単なミスもしないよ」。その上で相手が右投手の場合に高山に再度、先発出場のチャンスを与えることを示唆。ただ、あまり言い過ぎると「力むからな」と笑いを誘った。師と仰ぐ故・星野仙一元監督がそうだったように、失敗した若虎を何とかフォローしようと必死だ。

 その高山は約3時間の練習中、打撃練習を終えた後も外野守備に入り、念入りに捕球を繰り返した。オフに人工芝を張り替えた同球場では、開幕戦で阪神から横浜DeNAに移籍した守備の名手・大和が失策を記録するなど「不測の事態」が生じている。

 4日からのDeNA2連戦は今季初の屋外球場でのナイトゲーム。自慢のバットではもちろんのこと、不得意な守備でも汚名返上といきたいところだ。

 練習後、報道陣に囲まれた高山は終始無言のまま球場を後にしたが、ルーキーイヤーに新人王を獲得するなど華々しいプロデビューを飾っただけに、期待値が高いのは当然のこと。半面、ミスした際に周囲から向けられる厳しい視線は同世代の若虎の中で随一。突き放しながらも独特の言い回しで再起を促す金本監督に、崖っぷちの高山は一発回答できるか。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース