記事詳細

阪神・高山“悩ましい”ポロリのリスク 打撃重視の起用も…金本監督大激怒

 阪神は開幕カードの巨人3連戦を1勝2敗でカード負け越した。

 1日の第3戦は高山俊外野手(24)の拙守が命取りとなった。2-0とリードして迎えた4回無死一塁、ゲレーロのライナー性の打球をグラブに当てながら捕球できず。これでピンチが拡大し、先発の秋山が岡本に逆転2号3ランを被弾、敗戦に直結した。

 高山は試合後「秋山さんには『すみません』としか言えないです…」と消え入るような声で話したが、金本監督は「自分の守備範囲ですから。去年、一昨年もノーバウンド(の打球)で何度落としているの」と大激怒。「投手がかわいそうだよ」とかばった。

 得意の打撃とは対照的に、もともと不得意な守備でポロリすることが目立つ。かねてから明大の先輩の平田チーフ兼守備走塁コーチから「どれだけ打っても、ミスを自分への戒めにしてもらわないと」と苦言を呈されており、別の首脳陣も「集中力が持たないというか。まあ、プロとしてそのままではアカンけどな」と強烈なダメ出しが飛び出していた。

 開幕戦でもこの日同様、大方の予想を裏切り「1番・中堅」で先発出場し、2安打1打点で勝利に貢献。巨人サイドからは「1番は(オープン戦で好調だった)糸原かなと思っていたが、まさかの高山起用で正直慌てましたよ」との声が上がっていたが、これでは差し引きマイナスだ。

 とはいえ、高山を起用した時点で打撃重視、拙守はある程度織り込み済みのはず。それだけに、守りのミスを帳消しできるくらいの「猛打」が求められるということか。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース