記事詳細

「やってやるぞ」阪神・金本監督“強気発言”のワケ 就任初年度「楽しみと不安」、昨季「非常にキツイ」

 「やってやるぞというものが強い」

 就任3年目の阪神・金本知憲監督(49)が公式戦開幕前日の29日、舞台の東京ドームでこう言ってのけた。

 振り返れば、就任初年度は「楽しみと不安、両方入り交じっている」と明かしたが、当時ルーキーの高山を1番、2番に3年目の横田を据える大胆采配に打って出た。昨季はリーグ覇者の広島を前に「非常にキツイ感じがする」と本音を漏らしたが、最終的にチームをリーグ2位へと導いた。

 開幕カードで宿敵巨人を倒し、一気に勢いに乗りたい中での“強気発言”の背景には何があるのか。球団OBは「開幕直前まで“キャンプモード”を敷けたことが大きい」とみる。

 「今年のオープン戦は最下位(2勝12敗2分け)に終わったが、若手を鍛えた上で試合に出していたから。いま調子の波が底なら、あとは上がるだけでしょう」

 この日、オープン戦終盤に臀部の張りを訴えた糸井、不振だったロサリオもサク越えを連発。キャンプモードの疲れも取れ、虎打線が火を噴くのは目前だ。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース