記事詳細

号泣…阪神・金本監督、恩師に誓うV 全ナインに星野イズム継承訴え

 「今年、必ず優勝するので、天国から『よくやったな』という言葉をかけてください」

 膵臓(すいぞう)がんのため1月4日に70歳で逝去した元中日、阪神、楽天の星野仙一さんの「お別れの会」が28日に大阪市内で開かれ、まな弟子の阪神・金本知憲監督(49)が弔辞で涙ながらに誓った。

 3球団の監督時代の写真が並んだ祭壇の前に立った金本監督は冒頭から「こうして写真を見ているだけで、涙が止まらない日が続いています…」。時折言葉に詰まりながら約7分間、故人との思い出を語った。

 その際、星野さんと「3つの夢」を実現させ切れなかったことを悔やんだ。2003年に主力選手として星野さんを胴上げし、その10年後には楽天で星野さんが初の日本一に輝いた。すでに2つは達成されたが、残る1つ、自身が指揮官として阪神を優勝へ導き胴上げされる姿を見てもらうことはできなかった。「恩返しを込めて(優勝を)実現させたい」と力を込めた。

 この日は、球界関係者や一般参加者を含めて2780人が足を運んだ。球団幹部の1人は「先日(19日)も東京で同様の会が開かれたにも関わらず、これだけの方が来られたのには正直、驚きました」。故人と関わりが深かった金本監督に対しては「年が明けてすぐ、亡くなられてキャンプ、オープン戦と過ごされた。戦闘モードに入る開幕を前に、気持ちの面で大きな区切りをつけられてよかったのでは」とおもんばかった。

 また、献花に訪れた全ナインにも“星野イズム”継承を訴えた。

 「監督があれだけ涙を流された姿を、報道でも見るでしょう。その中で何かをぜひ感じてプレーほしい」。“燃える男”の思いを胸に戦うのは選手も同じだ。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース