記事詳細

付け人暴行の貴公俊が休場へ 貴乃花親方が明言

 大相撲春場所で付け人を務める序二段力士に暴行した東十両14枚目の貴公俊(20)=本名上山剛(かみやま・つよし)、栃木県出身、貴乃花部屋=が9日目の19日、休場することが決まった。師匠の貴乃花親方(元横綱)が明言した。日本相撲協会は大阪市内で臨時理事会を開いて対応を協議する。

 貴公俊関は8日目の取組後、支度部屋で複数回殴打。取組前に付け人が出番を伝えるタイミングが遅れたことに立腹したとみられる。協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、2~3発殴ったことを認めた。

 京都府宇治市の貴乃花部屋宿舎で取材に応じた貴乃花親方は「どんな理由であっても、暴力するということはあるまじき行為。土俵に上げることはできない」と述べた。