記事詳細

貴乃花親方が「99人の敵」発言 自ら一門離脱の可能性も (1/2ページ)

 大相撲春場所の初日を2日後に控えた3月9日、貴乃花親方は昨年11月に発覚した関取・貴ノ岩への暴行事件について、日本相撲協会の対応が「重大な疑義を生じさせるもの」だったとして内閣府に告発状を提出した。角界関係者を驚かせた告発の背景には、一門内での“孤立化”もあったようだ。

 日本相撲協会の2月の理事選で、貴乃花一門の親方衆は阿武松(おうのまつ)親方(元関脇・益荒雄)に投票し、貴乃花親方は「2票」で落選。

 場所前の3月3日には、大阪駅前のホテルで恒例の「貴乃花一門激励会」が開かれていた。2015年以降は毎年恒例の会で、今年で4回目。だが今回、一門の親方衆は1人も顔を出さなかった。

 「激励会の冒頭で司会者から、『貴乃花一門会としてお集まりいただきましたが、急遽、貴乃花部屋激励会とさせていただきます』と説明があっただけ。親方本人からの説明は何もなく、看板にある会の名称だけは『第四幕 貴乃花激励会』に変わっていた。おかみの景子さんも心なしか厳しい表情でした」(出席者)

 ◆誰も信用しない

 出席者に戸惑いが広がる中、激励会の席で貴乃花親方はカラオケを熱唱した。

 「曲はアリスの『遠くで汽笛を聞きながら』だった。“悩み続けた日々を忘れてしまいたい”という意味合いの歌詞だから、つい選曲の意図を深読みしてしまった」(同前)

 貴乃花親方の心中には、どのような思いが去来しているのか。別の出席者はこう証言する。

NEWSポストセブン

関連ニュース