記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】張本氏、ズバリ大胆予想「大谷は四分六分で成功しない」 マリナーズ復帰のイチローには祝福 (1/2ページ)

 球界のご意見番、張本勲氏(77)が二刀流のエンゼルス・大谷翔平(23)とメジャー残留のイチロー(44)に関し、ズバリ大胆予想。果たして見事的中するのか、今季いっぱい楽しめる。

 TBSテレビ系列で11日に放送された『サンデーモーニング』で、張本氏が注目の日本人メジャーリーガーコンビにズバリ切り込んだ。

 二刀流はメジャーリーグでも通用するのか。日米のファン共通の関心事になっているエンゼルス・大谷に関し、「四分六(分)で私は成功しないと思います」と断言。

 根拠として、3度目の実戦登板となった9日(日本時間10日)のティファナ・トロス(メキシカン・リーグ)戦の投球内容をあげた。3回6奪三振を記録したものの、制球難で3四死球、6被安打、6失点。

 「下半身があれだけ浮いておったら。この5年間走り込んでいないもん。下半身で投げないと。ケガをします。何回も言うように。心配です」。終始一貫二刀流の弊害による練習不足、ケガの心配を指摘し続けている張本氏にすれば、不安は尽きないのだろう。

 対照的にマリナーズに復帰したイチローに関しては全面的に祝福した。

 「イチローはよかったね。一番いいとこ入りましたね」。イチローの代弁をするかのように、マリナーズ復帰までの経緯まで語った。

関連ニュース