記事詳細

栄氏の元教え子が“怒り”の独占激白「告発状にある事は日常茶飯事」 伊調パワハラ騒動 (1/2ページ)

 「私は協会に怒っている。なぜあの男をこうなるまで放っておいたのか!」。女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)が日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けたと告発があった問題で、世界選手権メダリストで栄氏の元教え子の女性は夕刊フジの取材に怒りを露わにした。栄氏の本性や協会のガバナンスなどの“爆弾”を独占激白した。

 「告発状にあるようなパワハラがあったことは事実。田南部力(たなべ・ちから)コーチ(42)からも直接、『モスクワへの遠征で伊調のコーチをしないように言われた』と聞いている。そもそも告発状にあるようなパワハラは日常茶飯事で、レスリング界にいる人はみんな知っている」

 元教え子の女性はこう言い切った。

 伊調が栄氏のもとを離れたのは2008年の北京五輪後で、姉で五輪銀メダリストの千春さん(36)とともにカナダに留学している。そこで伊調はこれまでの栄氏による「やらされる練習」ではなく、選手個人がライフワークとして自主的に練習する姿に共感したと元教え子の女性は語る。

 カナダから戻った伊調は東京に拠点を移し、そこで出会ったのが、指導能力に定評のある田南部コーチだった。熱く論理的に指導する田南部コーチのもとで、伊調はさらなる成長を遂げる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース