記事詳細

プロの洗礼受けた黄金ルーキー・清宮に“先輩”中田が金言「打てなくて当たり前」 (2/2ページ)

 開幕1軍を逃した当時を振り返り、中田は「人生の中の経験として、2軍でやったことはオレにとっては大事だった」と語る。だが当時よりさらにフロント主導となった球団は、今後も清宮を1軍に帯同させる情勢だ。かつての自分のように、打てない日もメディアに追われ、球界OBに論評される18歳の後輩を思い、中田は「周りは勝手なことをいろいろ言うけど、自分自身の意志を強く持って振ることじゃない?」とエールを送る。

 清宮を「オレと違って対応する技術があるし、これからだと思うよ」と持ち上げつつ、「まだ打てないのは当たり前。そうじゃないとオレらが練習してる意味もないし」と中田。プロの厳しい現実を力説した後、「翔平は特別だったけどね」と付け加えた。昨季まで同僚だった米エンゼルス・大谷だけは新人時代から、中田の目から見ても別次元だったようだ。(笹森倫)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース