記事詳細

これからが本番!貴乃花親方VS八角理事長  内閣府に告発状「粛々と淡々とやっていく」 (2/2ページ)

 協会は9日、理事会と年寄総会を大阪市内で開いたが、貴乃花親方は「所用のため」欠席。八角理事長(54)=元横綱北勝海=は「良くないことだね。何の用か分からないが」と苦言を呈した。

 理事会と年寄総会では、貴乃花親方がテレビ朝日の特番(2月7日)に、相撲協会に無断で出演した件が議題に上がった。貴乃花親方への聴取も行われる予定だったが、不在だったため次回以降に持ち越し。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「本人が出てきていないので、どうしようもない」。

 貴乃花親方の協会に対する反撃に注目が集まっていたが、春場所(11日初日=エディオンアリーナ大阪)を前に、内閣府への告発というかたちで決行となった。一連の騒動は序章に過ぎず、これからが本番、とのムードが漂う。春場所は、また相撲どころではなくなってきた。レスリングの伊調馨(33)のパワハラ問題も内閣府に告発されている。

 道交法違反で略式起訴された幕下大砂嵐(26)=大嶽部屋=は、理事会で引退勧告が決まり、本人も受け入れた。退職金は30%減額で支給されることになった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース