記事詳細

伊調パワハラ問題の“唐突”告発状の背景 貞友弁護士が真相激白「まだ動きある」

 女子レスリングの伊調馨(33)=ALSOK=が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けたとする告発状が内閣府の公益認定等委員会に提出された問題で、伊調は「『告発状』には一切関わっていない」とコメントを出した。一体何が起きているのか。告発状に携わった弁護士が夕刊フジの直撃に真相を激白した。

 「伊調さんは(告発状作成に)一切関わっていません。田南部さんを中心にお話をうかがい、作成しました」

 貞友義典弁護士はこう明かす。告発状ではイニシャル表記だが、田南部力(たなべ・ちから)コーチ(42)とおぼしき人物が、栄氏に《以後伊調馨のコーチをしないようにときつく命じられた》といった記載がある。

 伊調は1日にALSOK広報部を通じて発表したコメントで、《報道されている中で、「告発状」については一切関わっておりません》とする一方で《しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したいと思っております》として、内閣府の公益認定等委員会などの事情聴取が行われた場合は協力する意向を示唆している。

 告発状を出した背景について貞友氏は、「このまま協会の体制が変わらないと、伊調さんを引退に追い込むことになると思った」という問題意識があったと強調する。

 名誉毀損(きそん)で訴えられた際などに、アスリートやコーチを配慮する目的もあって、貞友氏の告発という形を取ったという。

 「また動きがあると思いますので」と話す貞友氏。次の一手を用意しているのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース