記事詳細

伊調へのパワハラ問題 スポーツ評論家・玉木氏「栄さんの方に誤解があるのかなって思う」

 2日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)にスポーツ評論家の玉木正之氏(65)が出演し、女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)=ALSOK=が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けたする問題についてコメント。栄氏について「誤解があるのかなって思う」としたうえで、自身の考えを述べた。

 玉木氏は先の平昌五輪メダルラッシュを例に挙げ、まず「栄さんの方に誤解があるのかなって思うのは、『アスリートファースト』っていう言葉がありますよね。きちっと分かっているかどうか」と問題提議。そして「アスリートがコーチを選ぶんであって、コーチがアスリートを選ぶんじゃないんですよ」と述べ、「ところが今回の事件を見ていますと、師匠と弟子。よくテレビなんかでも“まな弟子”という言葉を使いますけど、師匠と弟子というという関係じゃないんです、本当は」と強調した。

 そして「冬季オリンピック、みなさんインタビュー素晴らしかったですよね。(平昌で活躍した選手たちは)コーチを選んでますよ、みんな。『俺が師匠なんだから、お前らは弟子だ』っていう関係はこれからのスポーツでは成り立たない。なのに栄さんは自分のことを師匠って呼んでおられる」と説明した玉木氏。このコメントにメーンキャスターの安藤優子アナウンサー(59)が「だから自分の輪から出したくないという発想につながっていくのかもしれない」と反応すると、玉木氏も「ある意味で栄さんは『パワハラなんかしていません』というのは正直に言っていることだと思います。でもそれをパワハラと呼ぶんですよ、という言い方もできる」と補足した。(zakzak編集部)

■zakzakのオリジナルエンタメ記事をいち早くチェックするならツイッター「zakzak公式エンタメ部」がオススメ!フォローをお願いいたします!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース