記事詳細

山中、TKO負けで引退表明 ネリは確信犯、ボクシング関係者「ファイトマネー満額、デメリットなし」

 誰も納得できない。ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ(1日=東京・両国国技館)で山中慎介(35)=帝拳=がルイス・ネリ(23)=メキシコ=との再戦で2回1分3秒TKO負けを喫し、試合後に現役引退を表明した。ネリは前日計量に失敗し王座剥奪となったため、王座は空位のまま。

 山中は1回に1度、2回には3度ダウンを奪われ撃沈。「これが最後です。これで終わりです」と明言した。

 両者は昨年8月に対戦し、山中が4回TKO負けを喫したが、その後ネリがドーピング検査に陽性反応を示したことが判明。WBCは意図的摂取の証拠がないとして王座保持を認め再戦を命じていた。

 ところが前日(2月28日)、ネリが今度は再計量の末1・3キロオーバー(リミットは53・5キロ)で王座を剥奪された。その後の協議で試合は実施されることが決まり、ネリに58キロのリミットで当日計量が課せられた。さすがにこれはパスしたが、本来より4・5キロも重いリミットに、どれほどの意味があったのか。

 ボクシング関係者は「ネリはファイトマネーを満額受け取れるし、経緯はともかく“山中を2度倒した男”として箔がついた。ベルトは保持できなかったが、これを機に階級を上げるつもりならデメリットは何もない。十中八九、確信犯だろう」とじだんだを踏む。

 山中は「僕より強かったというだけ」と潔く敗戦を認めたが、「ただ、ルールがあるので、本当に人として失格だなと。ボクシング界全体で厳しくしてほしい」とクギを刺した。アンフェアな戦いを見せられた観客からはネリに「帰れ、帰れ」と罵声が飛んでいた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう