記事詳細

高木“金”姉妹の「似てない」伝説 菜那は感情むき出し、美帆は出さずにマイペース 平昌五輪 (1/3ページ)

 【平昌(韓国)21日=飯田絵美】平昌冬季五輪スピードスケート女子のチームパシュートで、高木姉妹の姉・菜那(25)=日本電産サンキョー、妹・美帆(23)=日体大助手、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大、菊池彩花(30)=富士急行の日本が金メダルを獲得した。日本のメダルは11個で1998年長野五輪を上回り、冬季大会最高となった。高木美は1500メートルの銀、1000メートルの銅に続き、男女を通じ日本勢では冬季五輪初の1大会“3色コンプリート”。冬季五輪で日本の兄弟や姉妹が同時に金メダルを獲得するのも、高木姉妹が初めてだ。見た目も性格も「似てない」といわれる姉妹が快挙を成し遂げた。

 決勝は、今季世界記録を2度更新した高木美、佐藤、高木菜の布陣。前半は相手のオランダにリードを許す場面もあったが、相手のスタミナ切れを見透かしたように後半逆転し一気に差を広げ、最後は五輪記録の2分53秒89で圧勝した。

 カナダ相手の準決勝では、佐藤を温存して菊池が滑り、決勝へ向けて態勢を整えたことも功を奏した。

 日本の原動力はなんといっても、高木姉妹だ。この2人、まったく似ていない。姉の菜那が身長155センチ、48キロと小柄で、妹の美帆は164センチ、58キロ。キリッとした目が印象的な菜那に対し、ほんわか顔の美帆。性格も正反対で、菜那は感情をはっきり出し、美帆は敗戦や不振にも感情を表に出さずマイペースだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース