記事詳細

高木美帆「作戦通りの最高のレース」 プラン完遂で日本圧勝 平昌五輪

 残り2周を切って、会場の江陵オーバルの興奮は最高潮に達した。日本がオランダとぶつかった21日の平昌冬季五輪スピードスケート女子団体追い抜き決勝。先頭を引っ張った高木美帆(23)=日体大助手=が、ためにためていたスタミナを一気に解放して宿敵オランダを捉えた。この日あった準決勝を含めた2レースで、4人が力を出し切るプランを完遂。そのフィナーレが高木美のスパートだった。

 期待通りに爆発したエースの後方で、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大=は脚がもつれそうになりながらこらえ、高木菜那(25)=日本電産サンキョー=も食らいついた。準決勝で奮闘し、決勝は控えに回った菊池彩花(30)=富士急=がリンク内側から祈るように見つめる先で歓喜のゴールを駆け抜けた。

 高木美、佐藤、高木菜が順に高々とガッツポーズ。4人で日の丸を手にリンクをゆっくり回る。高木美は「作戦通りの最高のレースができた」と誇らしげに語った。

 オランダ人のヨハン・デビット・コーチ(38)は「ファンタスティック。完璧なレースだった」と、自らの母国を倒したまな弟子たちをたたえた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース