記事詳細

「天才少女」ザギトワ、驚異の82.92で世界最高点 平昌五輪

 初出場で、今季無敗のアリーナ・ザギトワ(15)=OAR=が、世界最高点を更新する82・92で首位に立った。エフゲニア・メドベージェワ(18)=OAR=の81・61を抑え、「天才少女」の異名どおりの演技をみせた。

 ジャンプ、スピン、ステップともに異次元の演技。豊かな表現力で会場を魅了した。年齢を思わせないクールな顔立ちと、抜群のスタイルで氷上に映える艶姿は圧巻だった。

 一方、世界選手権を2連覇中の女王、メドベージェワも自身の世界最高点を上回る見事な演技だった。「10年間、滑ることを待ちわびてきた。本当にここに来たかった」

 ロシアの天才少女と女王の金メダル争いは、し烈を極めている。

 【フィギュア女子SP(21日)結果】 

 順位/選手名/国/得点 

 (1)A・ザギトワ/OAR/82.92点 

 (2)E・メドベージェワ/OAR/81.61点 

 (3)K・オズモンド/カナダ/78.87点 

 (4)宮原知子/日本/75.94点 

 (5)/坂本花織/日本/73.18点

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう