記事詳細

女子パシュート韓国代表が大炎上 遅れた同僚笑う 平昌五輪

 3人1組で滑る、スピードスケート女子団体パシュートで韓国代表が大炎上中だ。19日の準々決勝で、先にゴールした2選手のうち1人が、大きく遅れた選手を「体力が落ちて格差が広がった」と笑った。これがチームワークを軽視し、敗退の責任を押しつけたとして非難の的となった。

 一夜明けた20日、問題の選手は監督に伴われて会見し「反省している」と涙で謝罪したが、波紋は収まりそうにない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう