記事詳細

フィギュア男子で中国人審判が不正疑惑? 各国メディア報じる 平昌五輪

 羽生、宇野のワンツー表彰台でわいたフィギュア男子だが、17日のフリー演技を巡る中国人審判の採点不正疑惑を、各国メディアが報じている。

 問題視されているのは、4位に入った自国の金博洋に突出した高得点を与える一方で、羽生らメダル候補のライバルを不当に低く採点したとみられる点。国際スケート連盟が調査に乗り出す方針だという。