記事詳細

相撲協会新体制でも貴乃花排除変わらず、次のキーマンは? (1/2ページ)

 相撲協会の「理事長選」が、3月場所終了後に行なわれる。八角理事長(元横綱・北勝海、54)率いる執行部に反旗を翻した貴乃花親方(45)が理事選で惨敗。それにより、理事長選は“無風”とみられているが、実態はまるで違う。まさかの「八角電撃退陣」シナリオが浮上している。そこで次の理事長候補に名前が挙がっているのが、元横綱・大乃国の芝田山親方(55)だというのだ。

 芝田山親方は元理事長の放駒親方(元大関・魁傑=故人)を師匠に持ち、横綱経験者。八角理事長サイドからも担がれる立場にある。“スイーツ親方”として、甘いもの好きを活かし女性からも人気のある親方だ。八角理事長が退陣し、仮に“芝田山体制”が発足したとしても、貴乃花排除の動きは止まりそうにない。

 「芝田山親方が理事長になったとして、世間の批判をかわすためのワンポイントでしょう。いずれは最大派閥の出羽海一門へ理事長の座は禅譲される。最有力候補は副理事の藤島親方(元大関・武双山、46)。貴乃花親方と同年代で若返ったイメージも出せるし、専修大出身で新興勢力である学生出身力士を取りまとめられる」(ベテラン記者)

 協会の表看板を変えながらも貴乃花親方を排除し、一門制を維持していく巧妙なシナリオがあるというのだ。そして、水面下では貴乃花グループ潰しも着々と進んでいる。

NEWSポストセブン

関連ニュース