記事詳細

平昌五輪フィギュア解説者椅子取り合戦の意外な勝者

 羽生結弦(23)が挑んだ4年に一度の大舞台の裏で、元選手による“リンク外の戦い”も白熱していた。

 「フィギュアの黄金世代の選手たちが次々と引退したため、今回は選手よりテレビ出演する“元選手”たちの方が層が厚い。解説やコメンテーターの席を巡って椅子取り合戦状態でした」

 そう話すのは、キー局情報番組のプロデューサーだ。「トリノ五輪金メダリストの荒川静香(36)は日テレ、バンクーバー五輪の銅メダリストの高橋大輔(31)はフジ、鈴木明子(32)はTBSの“専属”だが、他にも長いキャリアのある村主章枝(37)や、『解説が上手くできない』とぶっちゃける安藤美姫(30)らが五輪関連の出演を増やした。なかでも評価が急上昇したのは村上佳菜子(23)です」

 昨年4月に現役引退した村上は、専属でないぶん局をまたいで引っぱりだこだ。

 「解説者としては未知数でしたが、いざやってみるとなかなか見事。リンクの氷の質に着目したり、羽生選手のちょっとした仕草で『完全に治っていないのかな』と推測したりと、一味違う斬新な視点があった。アナウンススクールでレッスンも受けている努力家なので、今後さらに成長すると期待されています」(同前)

 これだけの“タレント揃い”となると、コメンテーターの椅子取りゲームは代表枠争いよりも厳しくなる。

 そうしたなかで、並み居る女性陣を差し置いて一番株を上げたのは、ソチ五輪代表の町田樹(27)だという。

 「引退して約3年、テレビの露出はほぼなかったが、テレビ東京での解説デビューが注目を集めた。現役時代から持ってまわったような独特な言い回しで有名でしたが、今回は宮原(知子)の団体女子SPでの回転不足について、『私はすべての選手のジャンプのスロー映像を慎重に比較検討した上で言いますが、宮原選手のジャンプ、何も遜色はありません』と断言。“よく言った!”という視聴者からの反響が驚くほど大きかった」(テレ東関係者)

 引退後はジャンプではなく“舌の回転”がものを言うようだ。

 ※週刊ポスト2018年3月2日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース