記事詳細

相撲協会、青学大・原晋監督が講演も…言ってるそばから大モメ 貴乃花親方の発言との食い違い説明できず (1/2ページ)

 不祥事続きの日本相撲協会は16日、再発防止に向けた研修会を実施。青学大陸上部の原晋監督(50)が講演したが、反体制色を強める貴乃花親方(元横綱)をはじめ欠席者が相次いだ。

 「研修ウイーク」と銘打った4日間の最終日。報道陣の最大の目当ては2日の理事選以来、公の場に姿を見せていない貴乃花親方だった。だが、テレビ番組への無断出演で協会執行部との対立がさらに深まる中で、本人が両国国技館に姿を見せることはなかった。

 さらに、春場所担当で大阪入りしている5人を含め、親方は全101人中12人が不在。関取では渦中の貴ノ岩や大砂嵐ばかりか、遠藤、隠岐の海ら全70人中7人が欠席。せっかく箱根駅伝4連覇の名将を招いたのに、約10分の1が来ないという、何とも締まらない研修会となった。

 それでも原監督はいつも通り、エネルギッシュに講演。「マスコミの皆さんに来てもらえることは当たり前じゃない。一生懸命頑張っても注目されないスポーツ団体は山ほどある」とズバリ指摘した。さらに「箱根駅伝でわれわれは評価されている。その真逆で、何かやらかしたときには大きなバッシングを浴びます。それは多くの人から愛されているから。箱根駅伝は視聴率30%。相撲も18-20%。しょうもない団体だったら、こんなにマスコミは騒がない」と熱弁を振るった。

関連ニュース