記事詳細

宇野、SPで3位も金メダル狙える位置「今のコンディションでは満足な演技」 平昌五輪

 団体戦男子SPで1位の演技を見せたあと、練習で調子を落としていた宇野だったが、見事な演技をみせた。ビバルディの「冬」に乗せて、高難度の4回転フリップを無難にまとめ、4回転、3回転のトウループのコンビネーションもクリーンに着氷。トリプルアクセルはバランスを崩しながらもこらえて、終了後はガッツポーズ。金メダルを狙える位置につけた。

 「決して完璧ではないが今のコンディションでは満足な演技。フリップはもう少し、4回転-3回転も団体の方がよかった。気持ちが高まりすぎた。緊張で体が動きすぎるので抑えるのに必死だった。笑顔で終えられるようにしたい」と話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう