記事詳細

平野歩夢、スケボーで東京五輪挑戦も「可能性があれば」 平昌五輪

 平昌冬季五輪で2大会連続の銀メダルを獲得したスノーボード男子ハーフパイプ(HP)の平野歩夢(19)=木下グループ=が15日、平昌で記者会見し、追加種目として採用されるスケートボードで2020年東京五輪挑戦を検討すると明らかにした。「ここから目指すのは時間がなく、ハードなトレーニングになる。しっかり整理して考えられたら。可能性があれば、という形で考えている」と述べた。

 金メダルのショーン・ホワイト(米国)にも同様の挑戦の可能性が浮上している。

 前日の競技では2回目にトップに立ちながら、最終の3回目に逆転を許し、「素直に受け入れられる部分と悔しい部分が残っている。4年後にリベンジできれば」と淡々と語った。

 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒル2位の渡部暁斗(29)=北野建設=も記者会見した。終盤まで金メダルを争いながら最後に突き放され「ふつふつといろんな思いが浮かんでいる」と複雑な心境を明かした。20日には個人ラージヒルが控えており「金メダルに再挑戦したい。ベストを尽くす」と気持ちを新たにした。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう