記事詳細

大谷、キャンプ地で練習 フリー打撃で柵越えも

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が9日、アリゾナ州テンピのキャンプ地のマイナー施設でフリー打撃をこなし、メジャー1年目のキャンプインに備えた自主トレーニングを行った。

 午前中から強い日差しが照りつける中、チームカラーの真っ赤なシャツにハーフパンツ姿で力強くバットを振った。3選手で7、8球ずつ交代しながら打ち、約30分の練習中には柵越えもあり時折、笑顔をのぞかせた。

 1日にロサンゼルスに到着し、生活環境を整えてから数日前にキャンプ地に入った。練習は報道陣に公開されていないが、昨年10月の右足首手術からは順調に回復しているようだ。

 投手としてバッテリー組のキャンプ初日を14日に迎え、野手としても19日からの全体練習に参加する。渡米前には多くの人から激励を受け「最高峰に行くことに対して頑張らないといけない」と決意を新たにした。投打の「二刀流」に挑む新天地でも着実にステップを踏んでいる。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう