記事詳細

八角理事長の“貴外し”、理事選の戦後処理で組織引き締めへ 「研修ウイーク」開催で体質変化あるか (1/3ページ)

 日本相撲協会の理事選(2日)で“改革派”の貴乃花親方(45)=元横綱=が落選したことで、3月の春場所後に新理事の互選で行われる理事長選は、八角理事長(54)=元横綱北勝海=の再選が確実な情勢だ。新体制では貴乃花親方とその一派が執行部から遠ざけられ、閑職に追いやられるとの観測もある。さらに八角理事長は13日から16日までを『研修ウイーク』と称し、全力士、親方、行司の全協会員を招集し研修会を実施。組織の引き締めを図り、八角体制を強固なものにする構えだ。不祥事連発で隠蔽体質の角界が、これで変わることはできるだろうか。

 貴乃花親方が訴えてきた「自由に意見を交わせる風土」とは、真逆の方向に進むことにならなければいいのだが…。

 相撲協会初の「研修ウイーク」は、13日の十両以上の関取を皮切りに、行司、呼出、若者頭、世話人、床山を個別に分けて行う。

 最初のテーマは「誓約書について」。日本相撲協会は2014年、公益財団法人への移行をきっかけに組織改革が行われた。もともとは各部屋に高い独立性があり、力士の管理責任は各部屋が持っていたが、新しい組織では、協会が各部屋の師匠と人材育成業務委託契約を締結。全力士は協会に直接雇用される形になり、協会のルールに従う誓約書の提出を義務づけられた。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース